テレクラとは

テレクラ、という言葉から「電話を使う」というのは何となく連想されますが、耳に馴染んでいない方であれば、具体的にはどんなものであるのか、一言では良く解らないかと思います。

風俗業界の用語だと、勘違いしている人も居るのではないでしょうか。

そこで、ここでは、「テレクラとは一体なんなのか?」を紹介していきたいと思います。

テレクラとは、遠隔距離にいる男女が電話などの通信機器を使って情事をするというものです。

原点にさかのぼると、男女を結んでいたのは電話でしたが、現在ではインターネットなどを利用してウェブカメラなどでテレビ電話の感覚で、相手の顔を見ながら行うことも増えているようです。

相手の声だけでなく、相手の動きをみながら行為に耽るということで、声だけでは伝わらない臨場感も実現しました。

単身赴任で離れて暮らしている夫婦や、得距離恋愛中のカップルなども、テレクラを行っているようですが、現在では、見知らぬもの同士が性欲を発散するために利用している場合が大半のようです。

相手の声や、相手の発する音で欲情する……、実際にテレクラを行った事の無い人であれば、なかなか感覚的には理解しがたいかもしれません。

しかし、実際に相手の声や音に耳を済まして、エクスタシーを感じるというのも、思いのほか興奮するといいます。むしろ、想像力が掻き立てられるそうです。

人間には、誰しも性欲があります。

その欲求を様々な形で解消しようとし、今日に至ります。

そうした人間の性への探求のうちに、時代の試行錯誤の末、新たな活路として生まれたのが「テレクラ」なのです。